サイトマップ
ホーム
クリニック案内
お知らせ
過労性疾患の解説
耐病気
全国職業病外来
掲示板
新小岩わたなべクリニック スタッフ一同
あなたは頸肩腕症候群ではありませんか?
あなたは仕事による過労、慢性のこりや痛みで悩まされていませんか?

 新小岩わたなべクリニックは、職業病・頸肩腕症候群の専門クリニックです。

 あなたはつらい“肩こり” ひどい“目の疲れ”“首の痛み・肩の痛み・腕の痛み”“疲れやすい・体がだるい”“寝付きが悪い”、あるいは また“背中の痛み・腰の痛み” ”肩こり・頭痛、手のしびれ、手の冷感、手の痛み“などの症状で悩んではいませんか?
 近年、あらゆる産業分野へのコンピュータの普及にともない頸肩腕症候群(頚肩腕症候群)(けいけんわんしょうこうぐん)や眼精疲労、過労性腰痛症、慢性疲労など、すなわち「過労性疾患」に悩む人が増えています。
 なかでも頸肩腕症候群(頚肩腕症候群)(けいけんわんしょうこうぐん)は、重症な人でも適切な診断がなされず、心因性の障害とみなされたり、苦しみ悩んでいる人が少なくありません。

 整形外科では、単なる疲れ・肩こり、ですまされたり、手根管症候群・腱鞘炎(茎状突起痛)・上腕骨内側上顆炎・上腕骨外側上顆炎・肩関節周囲炎(五十肩)・胸郭出口症候群・頚椎椎間板症など部分的な整形外科の病名の診断がなされただけで、「自分の病気はもしかしたら職業病?」と考えて納得の行かないかたも少なくないと思います。
 あるいはまた、内科や婦人科で、「自律神経失調症・不定愁訴症候群・骨粗しょう症・更年期障害」と診断されたが、それには十分な納得の行かないひとの中にも過労性疾患(職業性の慢性疲労・慢性痛)である可能性があります。

 頸肩腕症候群(頚肩腕症候群)(けいけんわんしょうこうぐん)は、従来の整形外科で扱われる上肢の疾患では説明のつかない、重症化すると全身の疼痛や慢性疲労を呈する病気です。
 頸肩腕障害(頚肩腕障害)(けいけんわんしょうがい)というのは、上肢の整形外科的疾患と頸肩腕症候群をあわせた、作業(労働)関連性疾患の総称です。
 頸肩腕症候群、頸肩腕障害は、“職業病”として労働災害の認定を受けることも出来ます。
 欧米では作業関連性上肢筋骨格系障害やRSI(反復性ストレス障害)と呼ばれて、日本と同じように、やはり多くの産業分野で問題になっています。

 私どもは、頸肩腕症候群(頚肩腕症候群)の診断、は病名診断(鑑別診断)だけでなく、頸肩腕症候群に特有の身体所見を把握し重症度診断を行い、重症度にそった療養区分を判断し、適切な療養方針を立てることが重要と考えています。
 重症難治化した頸肩腕症候群の多くは「線維筋痛症」の病態を示すことが多いことも最近分かってきました。

 北海道や九州など遠方からの患者さんも受診されています。遠方のかたでも一度受診していただき、その後は地元の医療機関に診療情報提供書を持って行って診療を受けることが良いと思います。
 このホームページでは掲示板やメールで診療についての相談を受付しています。掲示板は、メニューの“診療相談掲示板”のボタンをクリックしてお入り下さい。メール送信はページの下部にメールアドレスが記載されているところをクリックして下さい。

 当クリニックは地域医療はもちろん、在宅訪問診療、訪問看護も行っております。
 新小岩というと、都心部からはかなり遠いという印象を持たれがちですが、実はそうでもありません。東京駅から総武快速で15分ほど、新小岩駅南口から徒歩6分でクリニックです。居心地の良い、通いやすいクリニックを目指しております。なにとぞよろしくお願いいたします。

2012年6月 所長 渡辺靖之
更新のお知らせ

【モバイルサイトの URL】
http://keikenwan.la.coocan.jp/m/index.html

新小岩わたなべクリニック
〒124-0024 東京都葛飾区新小岩 4‐12‐5
TEL 03-5678-6271 FAX 03-5678-6272
Copyright (C) 2004-2005 Shinkoiwa Watanabe Clinic All Rights Reserved.